やりたいようにやる。そう自己満足。日々変わっていく考え方がやけに面白い。


by unntama01
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

My mother's name is Lia

そういえばバンクーバーでのお話を全くしていませんでした。

仕事に追われる毎日でもバンクーバーの事をひと時も忘れた事はありません。

でもやっぱり小さな事はどんどん忘れて行くんですよね。

だから今の内に少しずつ書き記していこうかと思います。


バンクーバーへは2010年4月13日から7月11日まで留学してました。

「留学」を決めたのは5年前くらいから。

「留学」=「仕事を辞める」

そのリスクを技術や預金で補おうと準備やらなんやらしてたら5年経ってました。

5年の間に会社が新しい制度を導入した事で、仕事を辞めずに「休職」という形で留学出来たのは非常に幸運な出来事。

物事にはタイミングってあるんだなぁと染々学びました。


今のご時勢休職させて貰うだけでも有難い話ですから、「最高3ヶ月!」という条件を泣く泣く飲み、少しの間だけ夢を叶えさせて貰った所存にございます。

バンクーバーに決めたきっかけは
①アメリカ英語に近い
②治安がよく、英語を学ぶ環境が良い
③カナダやアメリカに友達が多い
④比較的移住しやすい・・・

などなど色んな条件が重なってバンクーバーに決めました。

短い期間を如何に有意義に過ごすか計画した時に、まずはホームステイをしたいと思い、斡旋業者に頼んで1ヶ月お願いしました。

ホームステイでも当たり外れがあり、ドキドキでした。
経験談では、散々だったってのを良く耳にしましたから。

斡旋業者を選ぶのも大変でしたが、自分がこの人だ!と思える人に出会い、
即決断。

その後も我儘な自分の希望を適えて頂き、大変お世話になりました。

留学に関する話だけではなくて、人生に於いても応援して頂き、それが約3年の月日が経ち、やっと斡旋して頂いた訳です。

やっぱりその方の甲斐あって、ホームステイ先も素晴らしい所をチョイスして頂きました。

バンクーバーは移民が多いので、イタリア系の家を希望。

家に住んでいるのはホストマザー一人と生徒が二人。

わいわいした家族構成を少し期待をしていましたが、何てことない。

e0038719_1372469.jpg

ママが本当に優しい人でよく話す人なのに、自分が話そうとすると一生懸命目を見て話してくれる。

Liaって言います。

僕の第二の母。

リアはアクティブで毎日欠かさず部屋でビデオを見ながらエクササイズをします。

食事は絶対にオーガニックで、油を極力使いません。

もちろんイタリア料理。

自分が朝帰りしようが、真昼間に帰ってこようが、一日中家に居ようが、リアは上手く付き合ってくれる。

普通門限が決まっていたり、あれはだめ、これはだめって決まってるけど、全く口うるさくなる事はなくて、

「まぁ~!Justin!学校はどうだったの?!」
「まぁ~!Justin!今日は良く寝られた?」
「まぁ~!Justin!今日も飲んできたのね?!」
「Justin,お昼のサンドイッチ冷蔵庫に入れておくからね。りんごも持って行きなさいね。」

あ、自分、英名Justinなんです。

全力で僕の気持ちを汲んでくれる、やさしいママ。

普通、

「このミルクは飲んじゃだめ!」とか
「お風呂は5分よ!それ以上使ったら私が使えないんだから!」とか
「夜遅くに帰ってこないで!寝れないじゃない!」とか
「ご飯は冷凍庫にあるから勝手に温めなさい!」とか
そんな事言われるのが普通なんだって。
他にホームステイしてる友達が言ってました。

電気代やガス代が高く食費もそんなにかけられない。
ホームステイの稼ぎだけで遣り繰りしなければならないのに、お金がない事をたまにこぼすけど、生活にいつも潤いを与えてくれる。

リアとの生活が凄く心地よくて最初は一ヶ月の予定だったけど、延長しました。

残念な事に自分が一ヶ月しか予約を入れていなかった為、次の人が決まっていて数日の延長しか出来ませんでした。

本当にずっと一緒に住んでいたいくらい素晴らしいママと出会いました。

心にちょっと病気があって、安定剤を毎日飲んでるのが今でも凄く心配です。

今でもメールのやり取りをしていて、やっぱり凄く会いたい。

自分に出来る事は手紙を贈ったり、写真を送ったりする事だけ。

リアの事を紹介するともっともっと話が長くなるから、今日はこの辺で。

やっぱりこうやって思い出しながら書いてるとバンクーバーでの濃い生活はまだまだ書ききれないな。

マイミクになって下さったバンクーバーのお友達が出てくるのは何ヶ月先になるだろうね?

面白おかしく書く事は出来ないけど、『大切な思い出』を一生懸命記録させて頂きます。

ま、自己満足なんだけどねっ。
[PR]
by unntama01 | 2011-02-20 13:08