やりたいようにやる。そう自己満足。日々変わっていく考え方がやけに面白い。


by unntama01
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アバクロゾンビ2 ~ニューヨーク~

M 「あんた買わへん言うたんちゃうん?!」

俺「いや、やっぱ欲しいです」
止められません、この衝動。

俺「時間決めて別行動しよか」
M「ええよ。じゃあ1時までな。」

短っ!また15分かよ。

別に何が足りない訳でもないのだが、全てが欲しくなる。
それを短時間で選別して吟味して試みるなんて、出来ないっすよ!!

とりあえず、Mはジャケットが欲しいとそちらの方へ、俺はカーキーでもベージュでも良いのでカーゴパンツを探しに。

夏物を大々的に売り出している為、ハーフパンツが目立つ。
目鼻立ちの整った足の長いパシフィックには似合うかもしれないが、オリエンタルには唯のガキ大将、若しくは鼻垂れ小僧にしか見えない。
まず買わないね。
これが似合えばカッコイイんだろうけど。

あった、あった、カーゴパンツ。


・・・・・デカッ!!


良く良く、考えたらアメリカンカジュアルだからってアバクロで買う必要は無いんじゃないか?
$80もするし、重たいし、格好いいんだけど、日本に帰ってから探す事にした。
ところでブランド品を身に纏うのは何故ですか?

多分大半の人が
『あたくし、お高い〇〇〇着てるんでござぁーすのよぉー♪素敵でしょー♪♪おほほほほっ!ぬぉっほっほっほっほ!!
的な理由じゃないだろうか?

別にそれが悪いと言ってる訳じゃない。
ステータスであり、個人の自由ですから。

俺がアバクロに曳かれたのばデザインと生地。
初めてアバクロとシアトルで出会った時、こんなに人気のあるものだとは知らなかった。

何が言いたいかと言うと、日本人はブランド品の良さをどれだけ分かっているのか?

Tちゃんが言っていた。
ヨーロッパではシャネルやルイヴィトンなんて、たくさん苦労して年を取った人生のベテランさんがやっと手にする事が出来るという代物だって。

それをそこらへんの高校生が名前だけで簡単に身に付けてる。
君たちに、この良さが分かりますか?っての。

もし、誰も身に付けてなかったら、誰も買わないだろうね。

だから俺にとってのアバクロはそこらへんのミーハーと一緒にして貰いたく無い。
俺は純粋にデザインヴィンテージウォッシュダメージ加工に曳かれてアバクロが好きなんだ。
逆に日本で誰かが着てたら、ちょっと嫌だ。

でも、A級ブランドにしろアバクロにしろ、本当に物の良さが詰まっていて、俺みたいに気に入る人がたくさん居るから人気が出る訳で、全ての人を否定する訳じゃない。

ちょっと、誤解して欲しくないので言ってみました。
H&Mにも同じ事が言えますね。

とまぁ、カーゴパンツは後回しにして夏バージョンのTシャツを見に行く事にした。
[PR]
by unntama01 | 2006-04-19 20:21 | NY ~旅行記~