やりたいようにやる。そう自己満足。日々変わっていく考え方がやけに面白い。


by unntama01
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:初体験( 16 )

今度の9月7日(日)にハーバーランド『はねっこ広場』にてフリマ出店するんです。

http://www.kansai-yakei.jp/spot/yakeiSpot.php?sPId=10128





フリマって経験あります?

小さい頃にお買い物ごっこ一緒にした人、手~上げてっ。

そんな感覚で居るんでけど。

日本を去る前に自分の身の回りを整理しようと思いまして。

お気に入りのブランド『アバクロ』『ホリスター』『H&M』全て出品します。

全て『Sサイズ』なので女性も着れるという高得点。

妹と一緒にやるんですよ。

だから、結構バラエティに富んでるかと思われます。

一目冷やかしでも、来てくれたら嬉しーなー。

一応アイディアとして、妹のスキルでもある美容マッサージを何品かご購入の方にサービスしようと思ってます。
(歩き疲れたフットとか、肩甲骨あたりなど。)

お茶を出そうと思ってるんですけど、多分フリマ協会が許さないと思うから・・・。

でも内緒で美味いお茶作って行こうと思ってます。
(知り合いだけなら問題ないよな??)

時間は 

9月7日(日)
10:00~16:00

ほんと、冷やかしでも何でもいいです!

ちょっと遊びに来て見ませんか??

どうぞよろしくお願い申し上げます。。。。
[PR]
by unntama01 | 2008-09-04 19:20 | 初体験
最近美味いもん食ってなーい!!
と私にとって心の栄養補給に欠かせないのが『美味しいもの』

家のカレンダーを見ると
父⇒外食、
妹⇒バイト、
兄⇒特に無し。

「お、兄ちゃん家に帰ってくるぞ。」

珍しく、仕事を早く終わった私はその後バイトも入れていなかったので、
一人でも良いからとにかく美味いものを食べようとしていた。

兄が帰るのを待って、一度バーンタイに誘ってみよう。

バーンタイは神戸で一番美味しいと思っているタイ料理屋。
イタリアンも好きだが、ここの料理を口にすると本当に幸せ且つ元気になる。

兄が帰ってきて、早速食事を作ろうとしている所に、「今日は外食せーへん?」と問い掛けてみた。

兄 「へ?・・・・え、あぁ別にエエけど・・・。どうしたん??」

そりゃそうだ。
普段、外食に誘う事なんてない。
よくよく考えてみると、兄と飲みに行くなんて初めてかもしれない。

訳を話して、いざバーンタイへ。

人気店の為、事前に予約していて良かった。
普通に来ていたら、座れないくらい満席だ。

私 「すごいっしょ?平日でも予約せな座られへんねん。」

兄 「すごいなぁ。普段あんま外食せんから、こんなとこ知らんわ。」

兄はもの凄く勤勉で、先生になる為今もバイトの傍ら、大学に入り直して勉強している。
私の様に無駄遣いを一切しないのだ。

私 「もう、めっちゃ美味いから。ホンマびびるから!!」

ココのカシューナッツ炒めとグリーンカレーさえ食べれたら他に何もいらない所だが、
お互いに大食いな所があるので他にもタイ風焼き豚に生春巻き等オーダー。

ここのママさんがもの凄く腰が低くて、素晴らしい接客をする。

兄 「客に申し訳ないと思わせる接客は凄いよな。嫌な気せんもん。」

私 「ホンマ、接客って難しいねんよね。」

忙しいながらも、すぐに1品目が出てきた。

カシューナッツ炒めだ!

私 「はよ食べて!とにかく、何も言わずにそれ食って!!」

兄 「なんやねん。煩いな。・・・・・・・おぉ、美味い、美味い。美味いわ。」

三回言わせたった。

自分が作った訳ではないが、とても誇らしげな気分になる。

私 「だっしょ?!だっしょ?!!これ、これっすよ!!はぁ~、うめ~・・・。」

兄 「こりゃ、酒が進む味やな。お前、飲むやろ?」

私 「明日休みやし、飲むで!!」

兄はレポートの提出期限が実は次の日だったのだが、その日はたまたま面倒くさい!と言って前日までにレポートを済ませていたのだ。
そして忙しい毎日だったが、この日は自分の中でオフの日にしようとしていた。
私は私でオフにしようとしていた。
この偶然のお陰で兄と食事に行く事が出来たのだ。

それから、次々来る料理に感動を馳せらせ、兄とは腹を抱えるほど大笑いする冗談を言い合ったり、真面目な話をしたりと最高に面白かった。

店を出て、まだ余裕のある私達は、次は兄がお薦めするバーへ行く事になった。

兄がバーに行くなんて意外だったが、そこは以前働いていたところの店長が新しくバーをしていた所との事で納得。

その人とは6年の付き合いで「今度行く」と行っていたそうだ。

兄 「まだ彼女もつれて来た事無いのに、弟が先に来てしまってスイマセン。」

マスター 「来てくれてありがとう。」

私 「おぉ、俺って弟やったんや。忘れとった。」

その後も、マスターを交えてメチャクチャ面白い話や、真剣な話。
気が付くと2時を回るほど飲んでいた。

良い感じに酔っ払い、一日の疲れもありベッドにぐったり体を沈めた。

はぁ~・・・・なんて楽しい時間だったんだぁ・・・・と。

そして二日酔いで目が覚めると、体が恐ろしく重い。

どうやら風邪をひいてしまったようだ。

兄も風邪を引いたようで、互いの部屋からくしゃみと咳の嵐。

私 「兄ちゃん・・・・薬・・・・・。」

兄 「お・・・・お前もか・・・・。」

互いに忙しく、風邪気味であった為、最後に自ら止めをさした結果となった。

私は一日中休暇を休養に利用して復活したが、兄は今でも苦しい状態。

これって、誘って良かったんかな・・・・?

ま、楽しかったからいっか!!

兄ちゃん、ごめん。
[PR]
by unntama01 | 2007-11-11 06:52 | 初体験

セレブローソン

e0038719_011319.jpg

芦屋夙川苦楽園の一角に見たこともないローソンが。
ナチュラルローソンっていうらしい。

置いてるモノは少し割高だけど、健康的な質のイイ品ばかり。

さすが芦屋。

こんなの見たことあります?
[PR]
by unntama01 | 2006-11-29 00:01 | 初体験
初めて鍼治療をして貰いました。

いつも行ってる整骨院のもう一人の先生が鍼の資格があるという事で、保険を適用してやって貰いました。

針には間違いない訳で、少々ビビリました。
実は、いつも平静を装って健康診断の注射とか受けてるんですけど、あの針がどうにも苦手で、心臓バクバクするんです。
小さい頃から注射はやっぱ怖くてデスネェ~。
打つ所を10秒間ぐっと指で押すと、その部分の神経が麻痺して痛くないってテレビでやってたので、いっつもグッと押してるくらい、ビビッてるんですよ。

しかし、先生は有無を言わずに「はい、いきますね~」と言って、ブスブス刺して行くんです。

内心「ええ?!うそん?!」と思ってたのですが・・・

実際はトントンと指で叩かれて、チクッっとつねられた感覚。
そんなに痛い訳ではない。

それに慣れて、「先生?これって何ミリくらい差し込んでるもんなんですか?」と尋ねると

「ん~、1センチくらいなもんですかね?」

「うぇ?!そんなに?!」

「脂肪とか多い人だったら5センチくらい差し込む場合もありますよ。髪の毛ぐらいの太さですからね。筋肉まで届かないと意味がないんですよ。」

俺に5センチも針を差し込まれたら、失神してしまいます。

にしても、チクッっと刺してるだけだと思ったら、意外と中まで差し込んでるんだな。

見えなくて良かったよ。

「先生?で、何本くらい刺してるんですか?」

「ん~、今で・・・16本かな。」

「・・・・・・・・・うぇえええ?!そんなに?!!!!」

ハリネズミじゃねーか。

その後も何本も刺して、多分30箇所は刺されたんじゃないか?
そんなの自分で見たら失禁だよ。

これで、治ったらこの恐怖も甲斐があったってもんだよ。

先生 「あ、ウンタマさん?週に一回は鍼して下さいね。」



・・・・・・・・・。



ええええええええええええええええええええええええええええええええええええ。

まだすんの?

ま、マッサージは気持ち良いから、いっか。

でもやっぱ鍼はもう、イイヤッて正直思うな。
[PR]
by unntama01 | 2006-11-16 00:12 | 初体験
映画『ワールドトレードセンター』は現地に行った俺たちとって観るべき作品だと思い、一報入れてみた。

『映画観たくね?WTC?』

たった一言の問いに、ちょっと気分が良くテンション高いM君


「あっ、今わかった!WTCってワールドトレードセンターの事か?!
Wわたし、Tたこ焼き、Cチョー好き!の略かと思って何のこっちゃ?って思ってた(;^_^A 」

・・・・・・・・・・・ブッ。
なんだ、コレ?

返答はシフト待ちとの事だったのだが、俺もちょっと調子に乗ってみた。

「間違ってないけど、ちゃうゎ!このうんこばか!!どんな映画やねん?!
『UDON』に対抗して『TA・KO・YA・KI』か!ウルァ!!」

M君、エンジンかかってしまいました。


「その乗り切れてない微妙なテンションいややわ〓-_-
W私の、T父さん、Cちょいワルおやじやねんで~
W分からへんわ~、Tたこ焼きを上手に焼く方法、Cちょっ!頼むから教えてや(>_<)
Wわーぉ、T父さん!、Cチンチンはみ出てるっ(◎-◎;)
W我々は、Tタッパー星から来た、Cちょいワルおやじでござる?って感じやわ」

!!!!!!!!!!!

ブッフ・・・・・・・!!!
あかんてあかんてあかんてあかんて!!
今、事務所内で盗み見やから、吹いたらアカンんねやて!

分かる?
何の予想も無くメールを開いた時の衝撃!
見慣れればホントくだらない事なのに、不意打ちを食らうと笑いじょうごの俺には致命的なのだ。

さらに追い打ちを掛けるM。

「Wわー!いよいよ神龍に会えるんだ、ドキドキするなー(^O^)
Tタッカラプト、ポッポルンガ、プピリットッパロ!!!
Cちゅきな願いを言え。どんな願いでもひとちゅだけ叶えてやろう」

・・・・・・・・・・。

!!!!!

ブハッ・・・・・・・!!!

アカンアカンアカンアカンアカン!!
『た行』オカシイから!!韓流俳優が上手く日本語言えてないみたいになってるから!!

一度填まってしまうと簡単には抜け出せない。

一体、何やってんだ俺等。
ごくまれにちょいテンション高いMに何かが憑依するらしい。
[PR]
by unntama01 | 2006-10-29 08:32 | 初体験
e0038719_8373115.jpg


実は行ってきました。
みんなに内緒にしてたのは行くと言う事を言って
貶されたり、馬鹿にされる事を懼れて公表しませんでした。
今はもう終ったことですから、笑うなり馬鹿にするなりいいネタです。
でも一部の人のご声援はとても力になりました。
ありがとうございます。

では、その時のストーリーを簡単に・・・・



事の発端はM姉。

e0038719_8393862.gif
にゃー。


自分の歌唱力なんて全然自信無いし、容姿だってイースター島に生息(?)するアイツと変わりない。

はっきり言って行くだけ無駄。

・・・・なんだけど、やっぱこういうお祭り事って面白いと思いません?
しかもEXILE本人に逢えるってのが魅力ではないですか。

EXILEがデビューした時からずっと好きで、アルバムだって全部持ってる。
その大好きなアーティストに逢えるんだからオーディション云々関係なく行くでしょ。

ってことで7月22日(土)
残念ながら決戦は土曜日でたまったま休みだったので行ってきました。

で、なんといつもカラオケの先生をしてくれてるM君も休み!
こいつが土曜日休みなんてかなり珍しい。
俺の勢いに便乗したのか、それとも俺が居なくても行く気満々だったのか定かではないけど、一緒に行く事になりました。

コレは運命的になにかあるかも・・・?

e0038719_84636.gif
ぺろん。


オーディションに必要なモノを前日に用意する俺等。
酷い事に写真を前日または当日に撮って、その日に現像するやる気のなさ様。
忙しかったって言い訳もあるんだけど、こりゃ無いわな・・・。

と思ったら大阪難波のビックカメラで現像しようと二人で躍起になってんのに意外とその日に現像する輩は沢山居ました。

そうそう、当日大阪は難波に着いた俺等はカラオケで喉を温めようとしたのだが、朝の11時からしか開いておらず結局何も発声練習もしないまま本番に望みました。

Mが言うには河村隆一なんかはライブ前に30分は筋トレをしてから望むのだと。
全身から声を出す事が出来るんだって。

俺も腹筋をしてから行こうと思ってたんだ。
そうする事で歌の力の入れ方が分るとおもったので。

まぁ、やっぱ受けるからには全力投資したいじゃない。
中途半端な事して後で後悔するの嫌だし。

出来る限りの練習はしてきたよ。
カラオケでマイク使わずに声を響かせる練習もその為。
もちろんマイク使わない方が歌いやすいって発見もあったんだ。

発声練習で喉を温める事が出来ないから、中村か中島か忘れたけど、
なんたら珈琲ってコーヒーが有名な店でHOT紅茶を頂きました。
特に意味は無いんだけど、その時はこの喫茶店がやたら面白かったんです。

e0038719_8473189.gif
あーあーあーあーあー


11時になり受付開始と共に会場入りした。
ビルの中なんだけど、そこはすでに戦場と化してました。

長い階段に長蛇の列。
暑さに加えてむさ苦しい男どもの熱気。
窒息死するかと思った。

やっとの事でオーディション会場に入ったと思ったら、そこでも長蛇の列が!!

しかもすでに歌ってるではないか!!!

たった30秒で表現しなければならない。
受験者のレベルに圧倒された。
かなりの声量に技術を持ち合わせている。

歌っている歌は大半がEXILEの曲。
『運命の人』 『over』 『Heart of GOLD』『永遠』が歌われているようだ。

俺等は敢えて違う曲にした。

俺は平井堅の『Love Love Love』
Mは藤井フミヤの『Another orion』

互いに思い入れのある曲を奴等にぶつけようと思ったんだ。

俺は最後の最後までミーシャの『Escape』にしようか迷った。
インパクトを与えるにはイイ曲だけど、やっぱり歌いやすい曲にしました。

会場内の人数は約600人は超えてたと思う。
それを一人30秒。
約3時間は見積もっていた。

長い長蛇の列に、高まる緊張感、むさ苦しい男どもの熱気で狭い会場内は泥沼化していた。

そこでふと場違いな黄色いスーツを着た人が居る。

ダンディ坂野だ!!

他にも芸人風な人が2人居る。
どうやらアマ、プロ関係なく応募資格があるから参加しているんだろう。

にしても・・・

奴等はペチャクチャペチャクチャ喋り、まるで緊張感の無い様子。

ちょっとミーハーチックに喜んでみたけど、他の受験者の邪魔としか思えない。
テレビに映ったりスタッフと大きな声で笑いあったり、なんなんだコイツらは。
でも周りも気にする事無く無視に近い状態。
ま、お仕事が無くて時間を持て余しているんだから仕方がないか。


レベルの高い受験者の歌声を耳にし、怖気付くと思っていたが意外とそうでもない。
自分自身が満足できたらそれでいいからだ。

時間は丁度3時間、あと数人で自分の番だ。

さっきまで全く緊張していなかったのに、急に心臓の鼓動が高鳴る。

EXILEが目の前に居るだけで即倒するかも知れないのにそれを人前で歌えと言う最悪の条件!

上がり症の所為でいつも歌詞無しでも歌える『love love love』の歌詞が分らなくなり、音程まで分らなくなってきた。
急いでウォークマンを取り出し最終チェックに入る。
自己紹介も入れて30秒だから約25秒で歌い切るようにイメトレを何度も続けた。

Mはじっと黙っている。

俺 「緊張してんの?」

M 「・・・・・・・・腹減った。」

俺 「・・・・・・・・・・・・・・・・。」

EXILE第二章はMで決定でお願いします。

こいつは大物になります。

e0038719_8464676.gif



俺の番号は452番

番号シールを胸に貼り、説明を聞いてスタンバイをする。

この薄い壁の向こうにはEXILEがいるのだ。
さらに心臓が激しく脈打つ・・・・・!!!
そして軽く吐き気を催す。

俺等がスタンバッている少し前にダンディ坂野等が入って居った。

それと同時に中で大爆笑!!
この裏声がかって笑うのはHIROだ!

ダンディ来ただけで爆笑される。

どうやら自己紹介をしているみたい。
やたらと声がデカイ。

何を歌うんだろうと思っていたら「ゲッツ♪ゲッツ♪ゲッツ♪」でお馴染みの自分の歌だ!

「ゲッツ・ゲッツ・ゲッツ・Oh~ゲッツアンタ~ンOh~ゲッツッ♪」

会場中大爆笑!!

俺も緊張の糸が切れて笑ってしまった。

腹立だしい半面、少しは緊張がなくなった。


順調よく流れてた流れが俺たちの前で止まった・・・!

『行くぞっ!』と気合いを入れていたのになんだか抜けてしまったようだ。

次に呼ばれたのが10分後。

EXILEもずっと聴きっぱなしだったから休憩に入ったんだと思う。

薄い壁を抜け、目の前にMAKIDAI・MATSU・ATSUSHI・HIRO・USA・AKIRAが横長テーブルに並んでいる・・・・!!!

普通なら

「お~!!!ATSUSHIさん~!!!」

「MAKIDAIさん!USAさん!一昨日、Justinのライブで逢ったんですよ!覚えてますかぁ?!!」

ってミーハーばりにテンション上がるんだろうけど、この時は

(上手く歌えるかな?裏声上手くいくかな??声出るかな?音程は?歌詞は??)

もう、自分が歌う事に緊張してメンバーをしっかり見ることが出来なかった。

折角メンバーに会いに来たのに、これじゃあ意味が無いじゃんよ!

でも本当に緊張してたんだ。
手足は震え、眼はうつろ。
堂々とした態度には程遠い、挙動不審よりたちが悪い。
もう、最悪だ。

係りの人からどうすればいいのかの説明書を渡され、眼を通すが字が頭の中に入ってこない。

中は二つマイクがあり、二人ずつ歌っていくみたいだ。
3つずつパイプイスが並び、歌ったらところてん状に流れていく。

マイクは声を拾う為だけで、電源が入っていないみたいに思うけど、実際は入っている。
なんだか歌い難い。

カメラの前に立ち、マイクを手に持って、30秒で自己紹介と歌を歌う。

たったコレだけなのに、

俺は・・・

俺 「452ば・・・」

係り 「あ、マイク持ってください。」

俺 「あ!・・・すいませ・・・・。」
(音程が一気に飛んだ!!!)

俺 「452番・・・・・ !!!
(自分の名前忘れた!!)
この間、コンマ0.01秒

○○○○です。」
(はぁ・・・。)

俺 (え?歌うの?歌うの???)
この間、コンマ1秒。

係り 「あ、どうぞ・・・。」

俺 (え?!どこ見んの?!カメラ目線?メンバー?!!え?え?えぁー??)

俺 (もう、いい!!)

俺 「Lo~ve・Lo~ve・Lo~veこの胸に・・・・」
(あ!声小さい!!)

俺 「Lo~ve・Lo~ve・Lo~ve生まれたら・・・」
(あ、音程分った!イケル!)

俺 「震える~

   指で~

   声で~

   つーたえーなきゃぁーあ~♪

(うぁ!調子にのって感情入れたら歌詞がわからんよーに・・・・!!)

・・・・・・・・。

コンマ0.1秒!!

母音で繋げた・・・!!!

俺 (思い出した!『溢れ出す』や!!)

体が覚えてたようで、続いて歌う・・・!!!

震える声を抑えながら、必至で思いを伝えようと努力した。

係りの人が25秒の札を上げた。
残り5秒の合図。
俺は最後まで歌い切ろうと力を込めて歌った所為か、

係り 「あ、はい、も、もぅ、ありがとうございましたぁ・・・。」

最後の「届けよう♪この歌を~♪」ってところ歌えなかったんですけど!!!!

悔いが残る終わり方をしてしまった。

終始自分の歌の事ばかりを考えていた為に、まともにメンバーの顔すら見れてない!
ATSUSHIが派手な白いジャケットとパンツを履いていた事以外殆ど覚えてない!

すっごい勿体無い事をしてしまった気がする・・・。

俺が丁度掃けたくらいにMが歌っている事に気付いた。
Mはパイプイスで俺に『頑張れっ』て声を掛けてくれたそうなのだが、俺は何も気付いてなかったくらい緊張していた。
Mは大丈夫なのだろうか?
ちゃんと歌えているのだろうか??

後悔の念からMの歌をしっかり聴く事が出来なかった。

後からMが言うには
「俺の前の人が歌い終わって、俺が歌った瞬間メンバーがみんな一斉にこっち向いてくれたからめっちゃ嬉しかった!!あと、ATSUSHIさんがな俺が掃ける時に一礼したらちゃんと一礼返してくれてん!あの人めっちゃいい人やで!!あの人めっちゃいい人!!!」と興奮気味。

俺はそんな余裕全く無かった。
歌う前から失敗するわ、メンバーの挙動を一つもみてないわ、帰りの挨拶したかも分らんわ、
もう最悪・・・。

でも、あとから沸々と歌った事、メンバーに合えた事、オーディションと言うものを人生で初めて受けたこと、全てが素晴らしく思えて、凄く嬉しくなった!

不完全燃焼な俺たちは帰りにお好み焼きを食べ、カラオケへ行き、思う存分歌ったのであった。

M曰く
「今までで一番良かったで!他の人の歌とかずっと聞いてたけど、ウンタマも全然イケてたで!」との事。

自分では納得してないけど、今までずっと一緒に歌ってきたMが言うんだからちょっとは安心だ。

結果は本日8月4日。
合格通知が来れば、1次予選突破!
何も来なければ不合格!!

落ちてるのは分ってる。

こうやってワクワクする気持ちをもてた事、人生において面白い体験をした事でもう十分だ。

そういう意味合いがリーダーHIROがいうエンターテイメントを提供するって事だと思う。
だから俺はこれからも応援していこうと思う。

最後に決まったシンガーと同じ舞台に居たって自慢になるし。

さぁ、誰がEXILEに入るんだろう!

乞うご期待!!

e0038719_849267.jpg


[PR]
by unntama01 | 2006-08-04 08:13 | 初体験

クラッシュ

夜通し長い長い打ち合わせを終え、昼頃まで寝た俺とM。

Mが仕事に行くので、帰ると同時に近くの駅まで乗せる事にした。

駅に着き、タクシーロータリーの近くで降ろした。

M 「ありがとう!!」

俺 「頑張ってな!!じゃあ!」

クラクションを軽く鳴らし、Mに手を振る。

ハンドルをきり、アクセルをぐっと踏み、正面を見た瞬間・・・・・・!!!



ガン!!



タクシーに衝突・・・・。

意外と冷静なもので、「あーあ。」

他人事。

Mからは目の前の出来事。

かなり衝撃的だったに違いない。

タクシーのおじさんが出てきて、怒鳴り散らされると思いきや、

「前に車あるのわかるやん・・・。」

落胆そうにいう。

怪我はないそうだ。

Mには仕事があるので、「気にしないで!行って!行って!!」とその場を離れてもらった。

タクシーの運ちゃんが集まる。

確かに俺が悪いが、そんなにみんな集まって、冷たい目で見なくたっていいじゃないか。

みんな、あーだこーだ言う。

周りの野次馬もムカツク。

俺は最初申し訳なささでいっぱいだったのに、逆切れしそうになった。

警察を呼び、事情聴取。

即、保険会社に連絡して対応してもらう。

自分の性格を分っていたので、入っていた保険も全額補償が利く。

愛車のボンネットはぐちゃぐちゃで、とんでもない事になっている。

すぐにでも修理に出したいが、俺は忙しい。

今日もYZの会社全体の送別会に行かなければならない。

しかも、前にプレゼントを渡していなかったので、買わなければならない。

時間も無いし、車を優先順位から外した。

プレゼントを買うや否や、すぐに電車に乗って、送別会する居酒屋へ向った。

結構大変な事したのに、意外と冷静。

何事も無かったかのように、みんなと普通に会話する。

むしろ話すなんて恥ずかしい。

忙しいので、まだ車の修理に出せていない。

来年から保険料アップだよ・・・・。はぁ・・・。

皆様、運転には十分ご注意下さい。

でも、まだ良かったのかな。タクシーの運転手で。

中にはとんでもないひどい人もいるし、善人でよかったよ。

これぞ、不幸中の幸いか?
[PR]
by unntama01 | 2005-12-08 02:49 | 初体験

Happy Halloween second time

と言うことで、行ってきました。

その話を、聞いたのはまたもや前日。
多分、呼ぶ予定は無かったのだろう。
エリオットも忙しそうにしてたから、行けるか分からなかっただろうし。

この話を聞いたのは、韓国反省会の時、Aちゃんが共通の友達エリンと言う子から「明日、私の誕生日パーティーとハロウィーンパーティをやるから、是非来てちょうだい!」とメールが入り、
そんな話をエリオットから聞いていない俺はすぐに電話して、確認した。

エリオットも文化祭で忙しかったから、「行けるんだ?!僕は宴会があるから行けるか分からないんだ。また連絡するよ。」と言って、
当日、共通の友達ブレンドリーと連絡取り合って、行く事になった。

Aちゃんは急に行けなくなり,Tちゃんも微妙だったが、
俺が「行きたい!!面白そう!!」と言うと、「ウンタマ子が行くなら、あたしも行く。」と即答してくれた。

Tちゃんはエリンの誕生日パーティだし、ココ日本だし、何やるかもわかんないし、という理由で,仕事が終わって、何も持たずに直行した。

俺は、何があるか分からないから,発表会で着た、中国胴衣と白い馬面の被り物を持参した。
(余談だが,コレを忘れた事に駅で気付いたのだが,メッチャ急いでたからTK兄にお願いしたら、快くダッシュで持ってきてくれた。兄ちゃんありがとう!!)

三宮のTitParkでブレンドリーと待ち合わせをしていた。

すると、中国人の格好をした欧米人が一人、どデカイハーゲンダッツを食べながら,終始ニタニタしながら公園を徘徊していた。

おれは、「あぁ、ハロウィーンはどっかでもやってんのな・・・にしても、大勢で仮装してテンション上げるのは良いけど,一人で笑いながら徘徊は痛いぞ・・・。しかもハーゲンダッツって・・・。」

周りも引き気味だった。

「うわぁ・・・痛いぞ・・・痛いぞ、あの人・・・外国人でも、あそこまでしないぞ・・・。」

そして、いずこかへ去って行った・・・。

すると、前々回に仲良くなった黒人のブライアンが現れて・・・!!

素通り・・・。

俺 「うぉい!!」

日本人、みんな同じか顔に見えるもん、1回じゃ覚えられないよな。

俺 「ひさしぶり!!俺、ウンタマ!覚えてる?」

ブライアン 「うんうん!覚えてるよ!!ウンタメ・・・!!」

俺 「おしい!ウンタマ!!」(本名は違うよ)

和気藹々(わきあいあい)してると、ブレンドリーと彼女のミツリがやってきた。

軽く挨拶を済ませるが,異変に気付く俺。

みんな何かしら,袋を持っている。

やっぱりそうだ!

仮装の準備をしている!

ブレンドリーはアーミー
ミツリは女子高生
ブライアンはインディアン
俺・・・馬中国人??
用意してきてよかったぁ。

まぁ、用意するのは良いよ。

でも・・・・

すると・・・

遠くから、変なものが見えてきた。

もしかして?もしかして???・・・?

え・・・・?

ありえへん・・・!!

うわーーーー!!!

裸のタイガーマスクと、ダーズベイダーが現れた!!

俺 「もう、着てんのかい!!」

コレには驚いた。

恥かしいというものは無いのか??

外人被れの俺でも,頑張らないと出来ないよ。
(出来るのね。)

まだ集まりそうなので,エリンの誕生日プレゼントを選びに行った。その時,一緒にミツリが着いて来てくれた。っていうか、逃げてきた。俺も,逃げたかった。

俺 「いつもあんなん??」

ミツリ 「あたし,ブレンドリーとは約二年目やけど、まだ行った事ないんよ。何か凄かったね!」

外国人馴れした彼女でもちょっと引いてた様子。

そして、みんなの所へ戻った・・・・。

・・・?

???

うそん。

いや・・・

そんな・・・

中国欧米人。

お前もかーーーー!!!

にっこり、ハーゲンダッツ。

は・・はは・・相変わらずのベストスマイルで・・・

他には、
忍者と侍の融合
インディアン
high school student girl
American Yankee
ピカチュウ・・・おっさんピカチュウ。アダム3号ピカチュウ・・・
・・・もう、どうにでもしてくれ。

「Hello!! Nice to meet you!!」

「はは・・・初めましてぇー・・・ぇへへーへへー。」

壊れました。

・・・・まぁ、いいよ!!

吹っ切れた!

一人は痛いけど,たくさん居ると楽しい!!

面白くなってきた!

俺は,こういうのを憧れてたんだ!

留学しなくとも、体験できるなんてなんてラッキーなんだ!

外国人最高!!

俺も、馬被りたくなってきた!

俺も,混じるぞーーーー!!

周りの視線は全てこちら。

Titparkといえば、三宮一賑わってる所。

その視線が全てこっち。

もう、吹っ切れる以外無いでしょ?

俺は今,最高に楽しいぞーーーー!!

催される場所は尼崎。

Tちゃんは先に武庫之荘駅で待っている。

こんな、大変な事になってるとも露知らず。

俺らサーカス団は、電車へと乗り込み、周りの痛い視線を感じながら、尼崎へと向かった。
[PR]
by unntama01 | 2005-10-30 23:49 | 初体験

出張

勤続5年目にして初出張。

研修だ何だって、横浜とかは行った事あったけど、出張は初めてです。

本日は四国地方愛媛へ行って参りました。

滞在時間が昼から夕方の為、日帰りです。

ANAです。

飛行機です。

国内線初体験です。

昨日は、Tちゃんと勉強会(?)で、気分良く寝れると思ってたはずが、一睡も出来ず。

お陰で、本日ボロボロです。

コーヒー飲み過ぎて、胃が荒れ、口内炎が2つも増えました。
(もとから2つありました。)

新記録で痛いです。

眠いのに寝れない。

寝たい時に寝れない。

一時、放心状態でした。

でも、帰りの飛行機で、一緒に行ってた年上の後輩SS君が窓側譲ってくれて、

松山→徳島→淡路→和歌山→大阪

と、くっきり地形を眺めながら素敵なフライトを過ごせました。

ネオンの街並みはまるで作られた模型のようでした。

夜空も好きだなぁ。

と感じた。でも、放心状態。

そして、明日は5時起きなので、もう寝ます。

コケスィに言われたから、更新頑張ってます。

本日、笑い無くてすいません!!













ぷぅ。
[PR]
by unntama01 | 2005-10-19 22:55 | 初体験

初訪問

本日は晴天なり

12時から図書館で勉強するはずが、起きたの13時。
しかも今日はTちゃんと勉強すると約束したのに寝坊。
すいません。

14時に図書館に着き勉強開始。
前日の冷え込みに対し、薄着で寝た俺は若干鼻風邪をひいたみたいだ。

終始ズーズー言わせていたので全然進まなかったが、多少の勉強は出来た。
ト思う。

その後、遠くにあるディスカウントストアーで酒やら、飲み物やら水分ばかり購入し(約1万程)Tちゃんには『あんた買い過ぎ!どんだけ買うんよ?!』と言われ、衝動買い症の俺は「普通に買ったらもっと高いからええねん!ココ一番安いし!」とちょっと誤魔化した。

腹が減り、新しい店を発掘しようと彷徨ったが、結局イタリアンに留まった。
食ったのは
サラダ
イカとたこのマリナートマトソース
鮭とキノコのクリームトマトソース
マルゲリータ(ピッツァ)
ミラノ風牛肉のカツレツ
チョコレートケーキ、巨峰アイス。
いつものごとく俺が殆ど食った。
旨かったぞ。

その後、緊張の初訪問

最初の難関
クーちゃん

餌付ける為にお菓子を購入し、
仲良くしようとしたが

吠えられた。

最初にパパさんがフレンドリーに対応してくれたが、こっちはフレンドリーどころではない。
かなり、緊張していた。
パパさん「わしゃ、パジャマじゃないか!あははは」
明るい方で。

即座にTちゃんの部屋へ行き、写真観覧会。
結構、何していいもんか困りますよね。

Tちゃんが友達とチアダンスチームを作るといって、ゴリエの『ペコリナイト』の振りを教えてほしいとDVDを観賞していざ練習。

「あたし、ホンマにリズム感ないよ」と言いながら、スラスラ覚えて、1小節は覚える事が出来た。
細かい事は抜きにして。

そんなこんなで今に至る訳である。

初訪問も何なくこなしたが、ちゃんと家族の方とは話してないから、これからが大事なのかなと緊張する。

とにかく今日はお疲れ様でした。

ただ、ペコリナイトの曲が頭から離れなくなりました。
e0038719_0413219.jpg

[PR]
by unntama01 | 2005-10-12 23:59 | 初体験