やりたいようにやる。そう自己満足。日々変わっていく考え方がやけに面白い。


by unntama01
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:グルメ( 26 )

間違った恵方巻

またコヤマに行ってきました。

一度やってみたかった事をやってみます。






















e0038719_14323716.jpg


なんか、溺れてるみたい。






e0038719_14332787.jpg


運転嫌いなのに、食べたいが為にがんばりました。

e0038719_14334723.jpg


やっぱりテンション高くなるな。
[PR]
by unntama01 | 2008-03-15 14:34 | グルメ
非常食として戦後現れた簡易栄養補給食としてカップラーメンが生まれて数十年。

世界のカップラーメンとしてアジア圏を突っ走る日本。

王道にして王道の焼きそば系カップ麺『UFO』。

小さい頃、部屋で隠れてUFOを食べている所を親父にばれてしばかれた思い出。

小学生の兄が弟(俺)の為に作ってあげようと、お湯の状態で完成型にした思い出。

水分が少しでも残っていると不味いと思い、思いっきり振って、全てを排水溝に流してしまった思い出。

UFOに纏わるエトセトラ。

結構、俺だけではなく皆様も経験されたと思いまうす。

昔、麺とカヤクが別でパックされていた頃、麺の下に入れてカヤクが蓋に付かないように工夫した兄を見た時、「この人天才だ」と本気で思った。

蓋の上にソースを乗せて温める方法は、もう常識レベルになっていますが、事の発端はUFOから来てると思うのは私だけでしょうか。


先日、いつものディスカウントショップ「ジャパン」にてソレを見ました。

UFO NEXT

味が変わったとか、詳しい表記はなくなんとなくどんなものかと買ってみました。

今までも色々ありました。

明太子ソース、カレーソース、最近ではお好み焼き風とかもあるみたい。

やっぱりプレーンが一番。

そのいかがわしいNEXTとやら。

詳しく見ていなかったのですが、よく見ると作り方が今までと全然違うのです。

レンジでちんっ♪なのです。

作り方が全く違うだけでこんなに面倒くさいのかと、若干イライラ。

「どこが次世代やねん。余計退化しとんちゃうか??」

悪態もついてみたり。

022.gif022.gif022.gif

しかし、やり方さえ分かれば結構簡単。

慣れないだけで、湯ではなく水で良いし、水の量も少ない。

あとはレンジでちんっ♪するだけ。

待つ事3分。

開けてみれば普通のUFO、ソースの香りも今までと同じ?

今までと違うのは作り方だけ??!

楽になったとか、そういう世界???

愕然としました。

半ば諦めモードで、UFOを頬張る。

・・・・・・・・・・・。

015.gif015.gif015.gif015.gif015.gif015.gif




?!!!!!




005.gif005.gif005.gif005.gif005.gif005.gif


モッチモチ!!!

麺類を食べる事で基本的な事を忘れていました。

確かに、今までのUFOも固めが良いのだと、少し早めに湯きりをしていたが、どうしても好みの固さにならない。
早すぎても芯が残ってしまうからだ。

それが、そんなストレスもなくモッチモチの歯応え。

コレには驚いた。

やるな日清。

UFOが好きな理由の一つにガッツリ食べれる魅力がある。

このUFO NEXTはそのガッツリ感がさらにUP!!!

次世代語っても良いと思います。

別に日清の回し者とかじゃないですよ。

カップ麺好きにはかなりの衝撃です。

ガツンと来る焼きそばにはやっぱりビール006.gif

たまりません。

オダギリジョーがやってるあのビール。

キリン・ザ・ゴールドだっけ?

アレが美味い♪

スッキリした口当たりなのに、ビール本来のパンチが効いてる!!047.gif

070.gif070.gif068.gif068.gif

この組み合わせ、ヤバイデス。
[PR]
by unntama01 | 2008-03-11 03:13 | グルメ
今年一年走り抜けた。

『ぶっ倒れてもいい』と言う意気込みで最後12月、本当にぶっ倒れてしまいました。

2008年が本当の意味でのスタートラインになるのではないでしょうか。

そんな準備期間だった2007年も『美味しい物』にたくさん恵まれました。

そんなラインナップを眺めながら、2007年を振り返ってみようか。



隠れ家的イタリアントラットリアにて。

e0038719_18295317.jpg


何よりも、ブロッコリーの使い方が勉強になったね。
e0038719_1830318.jpg








Mママンと初デート。
この日も結局、忙しい俺に振り回されながらもママンは優しく付き合ってくれました。

ザ・リッツ・カールトン大阪 『花筐(はながたみ)』

何時間も蒸したサツマイモがとても上品な甘さを出していると豪語するママンの一言で向かう事になった。
高級料亭。

全てにおいてハイクオリティ。

油ってこんなにさらさらだっけ?と思わせる上質さ。
アレは多分、水だね。
水で揚げてるに違いない。

e0038719_22255482.jpg

贅沢にもワインとご一緒に。

e0038719_2226987.jpg

私、天ぷらでアナゴさんが一番好きなんです。
あの、ふぁっふぁ感がたまらんのです。

e0038719_22262339.jpg

てぃもて~
てぃもて~。

e0038719_22263631.jpg

この子、自立してるんです。
出来る子なんです!



ブレンドリーの誕生日会で仲良くなったドイツ人のマークと妹の働くカニ道楽にて
カニ三昧。

e0038719_2252351.jpg




マークに手料理を披露という『テイ』で、
実はみつりのサプライズ誕生日パーティ。
腕ふるいましたよ~。

e0038719_22271381.jpg


ズッパ・ディ・ペッシェもお忘れなく!










M家合同誕生日パーティのシェフ御指名頂いたUntamaです。

e0038719_22275989.jpg


居酒屋で覚えた品々が役に立ちました。
M彼女の作る『桜』カクテルも素敵だったよな~。










会社の慰安会にて、ふぐのフルコースを。

高いからなかなか手が出るもんじゃないけど、この時は特別で。
会社の話なんてつまんねーから、一人がっつく俺。

e0038719_22282870.jpg


ヒレざけ~。

e0038719_2228426.jpg


一杯1500円もする日本酒。
日本酒苦手な俺でも、美味いと思った。
臭みがないんですよ。

e0038719_22285781.jpg

ぴっくぴく、してはったよ。
腹筋マシーンもびっくりだね。

e0038719_22291614.jpg

てっさ!
てっさ、てっさ好きやねん!!









東京行った際に、やっと見つけた『クリスピークリーム』

世界一美味しいドーナッツです。

e0038719_22293870.jpg

見てください!この輝き!!
この子、舞台栄えするんです!!





ものっそ、肉が食いたい!!
ってことで。

e0038719_2230951.jpg


カルビと合体したい!









ウィスキー苦手な俺が、『ハイボール』がこんなに美味しいのか?!
と教えてくれたバーにて。

e0038719_22302556.jpg

シーバスのチョコレート。
大人の階段爆走中。





クリスマスは仕事で「ドーセナンモーネーシー。」
と不貞腐れている俺に初めてのネイティブクリスマスパーティーにお呼ばれ。
仕事を終えて、わっくわくで向かいましたさ。
風邪で声がハスキーになろうが、鼻水が大洪水だろうが、酒に溺れましたさ。

e0038719_22304419.jpg


彼らは何時間もかけておしゃべりをしたり食事をしたりするんだ。
3回に分けて料理を出すんだけど、5時間くらいぶっ通し。
とーても素敵なクリスマスパーティになりました。

e0038719_22305773.jpg


このクラッカーの中にプレゼントと紙の王冠とクイズが入ってて、
①両端を二人で持って引っ張り合う。
②片方は紐だけで片方は中身。
③問題を出し合う。
④どんなプレゼントが入ってるか誰にも分らない。
⑤パーティ中は王冠をずっと被る。

おもしろいゲームだね。









会社の忘年会
がんこなのに、こういうハナレ的な場所があって会席料理を頂けるんだ。

そば茶でしゃぶしゃぶしたんだけど、コレがまた美味しいんだ。
豚さんでも、全然しつこくない。
これもそば茶の効果なんだろうな。

e0038719_22311018.jpg


だいこん、じょびじょぶぅわ~。

e0038719_22312476.jpg


ゆばの豆乳浸し。
豆腐ってこんなにあまーーーいとは存じ上げませんでした。



最後はクリスマスパーティで、スージーが作ったデコレーション。

e0038719_22314869.jpg



本当にたくさんの人に恵まれてたんだなって思える一年。
自分勝手にやりたい事ばっかしやってたけど、コレだけの人が支えてくれたから乗り切れた。

周囲への感謝の気持ちを持つ事が出来た、そんな一年。

一年前の写真と見比べると大分ヤツレテル事に最近気付く。
来年からはもうちょっと体を大切にするべきなんだな~と。

自分に出来る事って限られてるけど、その中でより効果的な事に絞込み自分を成長させていく。

まだまだ自分探し。

今年一年。
本当にお世話になりました。

ありがとうございます!

来年も宜しくお願い申し上げます!!!

[PR]
by unntama01 | 2007-12-31 18:31 | グルメ

クリームパスタの作り方

基本的に食材の買い物をするのは親父。
親父が買うものはかなり偏りがあり、肉とねぎが大半を占める。

ある食材でいつも勝手に料理するのだ。

先日、パスタが食べたくなって、いつもは素材と塩だけの簡単パスタで色んな種類を作るだが、
クリームパスタに挑戦しようと思い、ある食材で作ろうと思った。

クリームパスタの作り方が分からないので、とりあえずホワイトソースを作ってみた。

これが難しくて30分格闘した。

やっととろみが出てきて、クリームっぽくなった。

うん、それっぽいぞ。

そこにしめじを投入。

塩としょうゆで味付けし、ゆでたブロッコリーとパスタを入れて、クリームパスタの出来上がり。

それらしい味なのだが、どこか重たい。

帰ってきた兄に出すと、

「クリームパスタって生クリームだけで炒めるんやで。」

・・・・・。

なんか、無駄に頑張ってしまったようだ。

でも、イメージだけで作れるようになった自分に拍手。

ある意味、そういう料理が一番怖い事も然り。
[PR]
by unntama01 | 2007-11-16 21:16 | グルメ

骨付カルビ♪

e0038719_2392916.jpg

アメリカのどデカイ肉を思い出して骨付きカルビが食べたくなりました。

噛り付くくらいのデカさではなかったけど、肉汁たっぷりでじょびじょぶゎぁ。

お肉を食べるとやっぱり元気になりますね。
[PR]
by unntama01 | 2007-09-27 23:09 | グルメ
カクテルってほんと奥深いものだと思う。

知っても知ってもキリがない。

自分の得意とするカクテルは?って聞かれても良く分からない。
同じものを何度も作る余裕が無いから。
強いて言うならば、以前にも書いた『コスモポリタン』だろうか?

昨夜、お客様が引いてからマスターがお酒を一杯ご馳走してくれた。

『好きなもん飲んでもええよ。』

いつもこの言葉に甘えて、作った事ないものを挑戦したくなる。

リキュールの種類も満足に覚えてないが、前から『チェリーブランデー』って言うのが気になってしょうがなかった。

コレを使ったもので・・・。

チェリーブランデーの香りはとても自分好み。

産まれて初めて行ったバーで、『自分をイメージした物で』と調子に乗ってバーのマスターに注文した時に出てきたカクテルが『ボッチボール』
その中にチェリーブランデーが入っていたのを思い出した。

チェリーブランデーには思い入れがあるみたいだ。

何を作ろうか迷ったので、感覚で大好きなウィルキンソンの辛いジンジャーとチェリーを混ぜた。

「・・・・・・・。」

ふん。
こんなモノかと。

そこに横にいた話せば止まらなくなり、こちらの話を一切聞こうとしないが心は優しく、気の荒い女性のお客様が

「それにジン混ぜたらいいのよ!そんな事したら両方の味が喧嘩するじゃない!ジンを混ぜたら『シンガポールスリング』が出来るわ。あたしも昔は良く飲んだわね~!うちが出張に行った時ね・・・!!・・・!!!・・・!!!!!」

話がまたまた止まらなくなりました。

だがしかし、言われるがままジンを加えてみるとコレまた不思議!!
格段に美味くなっているではないか!!

最初、「こんなものか」と思っていたがチェリーの風味が少なかったのだ。
そこにジンを加えるだけで格段にチェリーの香りが口に広がり、しっかりとした味わいになったのだ。

実際のシンガポールスリングは

チェリー 30
ジン 20
レモン 15
砂糖 1スプーン
残りソーダでロンググラスで頂く。

それをジンジャーに変えてもなんら問題ない。
よりシャープな味わいとなるのだ。

このジンを加えるだけでこれだけ美味くなるのだから驚きだ。

カクテルは色から連想して出来たものも有れば、味を追求して作られたものもある。
もちろん歴史の背景から、禁酒法が制定されて泣く泣く出来上がったものや、何かに見立てて連想されたカクテルも。

そんな話を延々とされたが、興味のある俺にとっては面白い話ばかり。

料理も好きだが、カクテルも面白い。

やっぱり自分は味を追求する事が生きていく中で一番楽しい事なんだと実感した。

まだまだ学ぶ事はたくさんある。

この日、もういっぱい「チェリーブロッサム」というカクテルを作り、マスターに「やっぱり、ウンタマ君が作るカクテルは美味いな。」と言って頂ける激励に心の中でガッツポーズを決めたのだった。

ちなみに『チェリーブロッサム』は

チェリーブランデー 30
ブランデー 20
グレナデン 2スプーン
レモン 15

です。
[PR]
by unntama01 | 2007-06-11 18:57 | グルメ

先日、みっちゃんとバーンタイに行って来た。

バーンタイは俺が知ってる中で、これ以上無いくらい美味いタイ料理の店。

もう何ヶ月行ってなかったかな?多分3ヶ月くらい。

もうその店に住みたいくらい毎日食べたい美味しさ。

仕事が詰まってて丸一日空いてる日は無いけど、月に4日位は夕食時に時間が出来るので食事に行こうという事になった。

みっちゃんはパクチーが苦手。
でも「避ければ食べれるから大丈夫!」という、「でも、嫌いなモノを出すところに私を連れて行くの?」的な遠回し作戦でも俺の独断で強制連行。

でも一度行った事ある店で、タイ料理は好きだから喜んで同意してくれた。

仕事を早めに切り上げ、というかミッションインポッシブル的華麗に脱出して6時に合流。
次の日が早いという事もあって6時には店に入りたかったのだ。

しかし、店側が「申し訳ありません7時20分には出て頂かなければなりませんが宜しいですか?」との事でまぁ1時間30分はあるから「構いませんよ」と席に着いた。

さすが人気店。こんな早い時間でも厳しい状況とは。
席を見ると殆どが予約席。

今度来る時はどんな時でも予約が必要だと学んだ。

メニューを開くも食べたいのは決まってる。

グリーンカレー、カシューナッツ炒め。

これ最高。

辛さはレベル1にしないと火吐く。
でもこの辛さがたまりません。

みっちゃんに何食べるか聞いておきながら、結局俺が殆どチョイス。
唯一「春巻き!」って言うので、そちらをチョイス。

早速春巻きが来て、お腹を空かしたハイエナ達は臭いで興奮気味。

みっちゃん甘辛ソースに付けて第一投、投下!!

「!!!!」

「もー!ホンマ、何これ?!ヤバイ!ありえません!!」

俺 「な?ヤバイやろ?!ココの料理が食べたくて仕方なかってん!!」

と、俺も早く食べたくて続いて春巻きを箸で掴んだ!

「行っちゃいますよ!」



スルッ!!



箸が滑った!!




ビシャ!!





ソースに言葉通り投下!!


み 「えぇええええええええ!!!!」


みっちゃんソースまみれ!!


俺 「ぶわっはっはっはっはっは!!!ゴ、ゴメン!!・・・・クックックック・・・アカン、あっはっはhっはhっはっは!!ゴメンゴメンゴメン・・・・ックックック・・・・」


皿一面、ソースの海!!!


俺 「えぇえええええええええ?!えっへっへっへ!!どんだけ飛ぶねん!!ゴメン、ホンマ悪いと思ってんねんけど、ツボ入った!!大丈夫???」

み 「大丈夫、大丈夫!!ちょっとしか付いてないよ。ってかうんちゃん、興奮しすぎ!」

俺 「ぶわっはっはっはっは、ゴメンゴメンゴメン・・・・あーっはっはっはっは!!!」

店員さんは親切に対応してくれて、新しいソースを持ってきてくれた。

俺 「今度こそ!」

慎重にソースを付けて行ってきました!

めっちゃ美味い!

み 「同じ春巻きやのに、なんでこんなに違うの?教えて?」

俺 「なぁ?!こんなん作れたら最高やんな!だから、俺ココに住み込む!」

淡々と料理が運び込まれ、大好きなカシューナッツ炒めでさらに感動!

料理の感動もそこそこに人生相談会が催され、

俺 「やっぱり、やりたい事出来るのも今の会社のお陰やし・・・でもこのまま同じ事を何十年も続けていくのかと考えると、後で後悔だけ残るんじゃ・・・」

み 「?!・・・ウンウン。・・・・・!!!」

とみっちゃんは料理の衝撃を隠し切れずに一生懸命話を聞いてくれて・・・

み 「友達にも同じ境遇の人がいて、そういう人のパッションとか凄い影響されて、うちのママも色んなことに挑戦しててね・・・・」

みっちゃんが口を開くと俺もカレーに手を伸ばす。

俺 「うわっ!コレ、ウンマ!!」

み 「ね?!めっちゃヤバイでしょ?!あたしもすっごい我慢しててんから!話の腰を折ったらアカンなって!」

話したいのか、食べたいのか訳分からん2人。
軽く似た者同士なのかもしれない。

3品じゃ足りなく、お腹は8文目でも食べれるだけ食べたいので他にもオーダーした。

ガーリックチップの牛肉炒め、パイナップル焼き飯。

これまた美味いのなんのって。

って自分本位に考えてたけど、女の子が居るのにガーリックって良いのか?!って事。
でもタイ料理の殆どにガーリック入ってるからすでに手遅れなんですよね。

もう、腹パンパンで時間も予定の時間に到達してしまったので、軽くお茶でもしようかと別の店に行った。

み 「ここのケーキ美味しかったよ。あたし、今お茶の事も勉強しようと思って、色んなカフェ廻ろうと思ってんねん!」

勉強熱心な子だ。その気持ち凄く分かる。

メニューを見て・・・

『胡桃』

み 「何コレ、『ごもも』??」

俺 「ぶはっ!!・・・あっはっはっは、っくっくっく・・・・そ、それ・・・『くるみ』な。」

み 「え。」

俺 「ぶゎーっはっはっはっは!!!」

もう、今日は笑いっぱなしです。

そんなこんなで、喰いっぱなしの喋りっぱなしで、笑いっぱなしの数時間。
毎日仕事漬けの俺にちょっとした休息になった。

みっちゃん誘ってくれてありがとな。

次の日、朝5時に起きて仕事に出かけた。

俺はにんにくが大好きで、ありがたい事に臭くならないんです。
今までだってそんなに影響を及ぼした事は無かった。

朝起きても部屋は臭くなかったし、歯も入念に磨いた。

朝礼引継ぎ・・・。






















「誰かニンニク食ったか?」



















俺 ?!!
[PR]
by unntama01 | 2007-01-20 17:00 | グルメ

HURA

e0038719_1315331.jpg

前々から行きたい地域があった。

苦楽園。

日本一高い土地のご近所さん。
そこにはお洒落なレストランやカフェがたくさんある。
先日マイミクのひめめさんから紹介して貰い、その前にもMitsから「いいよ!」って教えて貰ってたからそんだけ人気ならどんなモノかと行ってきた。

外も中もハワイアン。

店内はカフェ仕様だけど、フードも充実。

俺、ロコモコが好きなんだよ。もう、ロコモコ食べに来たようなもん。

今日はMとMitsの三人で食事。

先にMと落ち合いコロナでお疲レイション。

Mitsが来てないから軽くサルサチップスとフライドポテトをオーダー。

この雰囲気だと、ディナーじゃなくて二件目な雰囲気。
今後こちらに遊びに来た時もリピーターになりそうだな。

Mitsが来てからロコモコ、イタリアンロコモコ、塩焼きチキン、スモークサーモンベーグルクリームチーズ多め、ベーコンとブロッコリーのワイン風味パスタとまたまた大量にオーダーしてしまった。

飛び出てる訳じゃないけど、どれも美味しくて満足満足。

食事中、なぞの美女がカウンターに立っていた。
その人は宝塚の男役に居そうな、スラッと格好良く、本物の宝ジェンヌ?と思うくらいだ。

おまけに店の外ではベンツにフェラーリに高級外車がビュンビュン通り過ぎる。
なんなんだこの地域?!

ここにお洒落なレストランやカフェがあるのは知ってるけど、ちょっと場違いな気がした。

開拓したいとは言ったものの、ちょっと弱きになるセレブ被れでした。
[PR]
by unntama01 | 2006-11-29 13:01 | グルメ
e0038719_1320524.jpg

もう事後の話やけど、先日お兄ちゃんの子供が産まれそうだと埼玉から実家に休暇を得て帰ってきた。

ちょうど18日は兄ちゃんの誕生日なので、お祝いをしようと目論んだ。

家族全員に『今日は俺が飯作るから、はよ帰ってきて!』と連絡し、兄ちゃんには内緒でパーティーの準備。

兄ちゃんに今まで自分の料理を振る舞った事がないので、かなり気合いが入る。

仕事の帰りにワインや食材、ケーキを大量に購入した。
ケーキは前々からずっと行きたかった『エス・コヤマ』
コヤマはテレビ『テレビチャンピオン』で何度も優勝してる超有名なケーキ屋さん。

いつも20分待ちは当たり前。

このコヤマへ行くには電車に乗ってバスに乗って、ようやく辿り着く様な場所にある。

車じゃないと行く気がしない場所という事。

だがしかし、それだけ面倒臭い場所にありながらも待ち時間が発生するくらい味に保証があるという訳。

そんな頻繁には行けないけど、これだけ有名なら、こんな日には行きたくなるだろう。

コヤマに着くとビツクリ。
コヤマのケーキハウスだけじゃなく、チョコレート専門ハウスにカフェテリアに製造ハウスにまだ建設中のモノも。
日に日に拡大してる。
それだけ売れてるという事。

ここの有名な品は『コヤマロール』に『コヤマプリン』
このコヤマプリンがすぐに売り切れてしまい、なかなかお目にかかれないと聞いていたのだが、俺が行った時はまだたくさんあった!

折角来たんだからバースデーケーキだけじゃなくプリンもロールもたくさん買った。

どんな味がするのか凄く楽しみ。

どれだけ感動するんだろな。

バースデーケーキにはプティングのデコレーション。
甘いモノが大好きな家族には最高のプレゼントになっただろう。
[PR]
by unntama01 | 2006-11-23 13:20 | グルメ
イタリア、ナポリの名物『ズッパ・ディ・ペッシェ』。
従姉妹がたまたま選んでくれたモノが、俺にとってこの世の一番美味しい食べ物になるなんて思ってもみなかった。

以前紹介した『ズッパ・ディ・ペッシェ』の作り方を俺流ではありますが紹介させて頂きます。
本当に簡単なんで、是非やってみて下さい。
ちなみに料理本とかの方が本当の作り方なんで、美味しくなかったらゴメンナサイデスヨ。
分量は適当です。

【材料】

・白身魚(カサゴとかあれば最高)
・タイのアラ
・イカ
・エビ
・タコ
・アサリ(本当はムール貝)

何処でも手に入る魚介類で代用出来ます。
自分の好みで選ぶのも面白いかも。

・ホールトマト2缶
・オリーブオイル
・にんにく
・イタリアンパセリ
・白ワイン

味付けは塩のみ!!
オレガノがあれば使ってもいいと思います。


【作り方】

1、魚介類の下処理を行います。
 ⇒アサリの砂抜き(アルミをかけ、暗くすると、沢山砂が出ますよ。)
 ⇒魚を3枚に下ろす。
 ⇒イカの皮むき、内臓を取り出す。
 ⇒タコも内臓を取り出す。
 ⇒エビの皮は剥かず、尻尾の黒い部分を削ぎ落とす。
  (エビの殻がいい味出すんだコレ。)
全て、食べやすい大きさに切り捌いて下さい。
その際、『キャー』とか『いやーん、コワーイ』とか言いながら、
魚介類をバッサバッサ切り捌いて下さいね。

2、にんにくとイタリアンパセリをみじん切りにする。
別に芯とか取る必要ないと思うけど・・・。にんにくは多い方が美味しいと思う!

3、鍋にオリーブオイルを入れ、火を点ける前ににんにくを居れて火にかけます。
オリーブオイルを熱さない状態からにんにくを入れないと焦げちまうし、
香りが付き難くなるんだ。

4、香りが出てきたら①を入れ、白ワインを入れたら軽く焦げ目が付くくらい炒めます。
アルコールを飛ばすのに火を点けて演出するもヨシ。
その際「ファイアー!!」って叫んでください。

5、④を別の皿に取り出す。

6、鍋は洗わずにホールトマトをぶち込み、ベらで潰しながら滑らかにしていきます。

7、タイのアラだけぶち込んで、ちょっと蒸し煮します。
焦げないように、弱火で。

8、トマトがスープ状になったら、⑤をぶち込んで塩で味を調え、さら15分ほど煮たてます。
たまに「愛情、愛情」言いながらかき混ぜてください。
もし、分量が少なかったら水を少し足して下さい。
俺は水を入れるのはお薦め出来ないけどね。

9、水分が減ってるから結構味が染み付いてるとオ思うけど、味が薄かったら塩でさらに整えて、オレガノがあれば最後にふりかけ、イタリアンパセリのみじん切りも加えます。

10、お皿に盛って、完成です!

なるべく煮すぎないように!
身が縮こまって固くなりますから。
だからといって煮ないのも、味が出ないので、その辺り上手くしといて下さい。
だから、途中で魚介類を一度取り出すんですよ。
エビなんかは食べる直前に入れてもいいかも知れない。
その方がぷりぷりして美味しいと思うし。

こんな感じ。
なんでも質問下さいませ。
俺流なんで、何処にも繊細さがなく、批判を浴びそうですが…。

本当に作った方いらっしゃったら、教えて下さいね!
[PR]
by unntama01 | 2006-11-13 00:50 | グルメ