やりたいようにやる。そう自己満足。日々変わっていく考え方がやけに面白い。


by unntama01
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2008年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

11月から神戸市は粗大ゴミに料金が掛かってきます。

他県ではすでに施行されている法令であるが、神戸市もやっと進んできたと言える。

神戸市の粗大埋立地は50年で満タンになると数ヶ月前の新聞に載っていたのを覚えている。

発展途上国故の負の遺産である。

人はなぜモノを集める習性があるのか?

数十年前のブリキのおもちゃに何故数十万円の価値があるのか?

なぜビックリマンシール一枚に数十万円の価値が付くのか?

何故似たようなモノでも集めて並べたくなるのか?

理解出来ない訳ではない。

彼の自分も匂い付き消しゴムを数十個引き出しに並べ、ロケット鉛筆を100本近くストックする事で美を感じていた。

無駄に文房具が多い事を誇張して、学校で優越感に浸り、成績がクラスで後ろから数えた方が早かった自分を思い出すと穴を掘ってブラジルまで行って銀河系へ飛んで生きたい気分です。

人それぞれモノに対する価値観があり、物欲を見たす事で生活のモチベーションを上げる事が出来るのなら他人がとやかくいう事ではない。

しかし、自分の価値観は酷く濁っていたのだと気付かされた。

実際にカウンター越しにお客様から代金を頂き、その中から自分に見合った価値の提供がお給料へと返還される。

お客様から頂いた代金よりも遥かに少ない金額が自分が働いた分の価値だ。

その労力と時間を自分が生きて行く為の糧に置き換えた時に、どれだけの価値がモノにはあるのか?

数ヶ月前まで確かに服を山の様に購入していた。

その時は最高の一枚だと思って買った服が、数ヶ月経つとなんの魅力も無い布キレへと一変するのだ。

その繰り返しが生きる過程に於いて、心のゲージを満たしていたのだろう。




今回、家の中にある粗大ゴミを一気に捨てる事で、
モノの価値が一瞬にして失われる瞬間を目の当たりにした。

そして、最低限のモノだけが残り、それでも生活は成り立つのだ。

日本人は古来から「勿体無い」精神を重んじ、
「物がない」「物が惜しい」と物を大切にするように育てられてきました。

それが経済大国な上、物が有り溢れ、それでも捨てる事が出来ず物がどんどん溜め込まれて行ったように思います。

時代の背景から便利な物が次から次へと生み出され、使えるのに捨てていく現状。それもゴミが溢れる大きな要因。

足で踏むミシンを頑張って使えとまでは言わないが、なんでもかんでも電化製品や化学薬品に頼り過ぎなんだと思う。

今年一年で得た大きな心の変化は『価値観』について。

本当に必要な物って結構限られていると思うんですよね。

ほんと、しんぷる いず ざ べすと なんですよ。

セーター一枚に7万円かけてる人に言ってやりたい。

でも人の価値は他人が決めるんじゃない、自分で見出すモノなんですよね。

e0038719_53153.jpg


e0038719_541070.jpg

[PR]
by unntama01 | 2008-10-27 05:04 | 日記

決断と覚悟は同類項??


e0038719_147884.jpg

10月1日にカナダ大使館より2009年度のワーキングホリデー募集要項が発表されました。

2008年度の当初の予定は5000人と前年と変わらない募集だったが、
あまりの人気で発表から3ヶ月で募集人数を到達。
新たに4000人を再度募集したという異例の状況。

その前例から今年は募集10000人と大幅に増員され、参加者としては落ち着いてワーキングホリデーについて準備出来るのだ。

しかも前回まで募集者はカナダ以外で申請しなければならなかった所を
今回はカナダ内でも申請する事が出来るという。

そうなると、進路が変わってくる。

移住、永住を目標とした人にとってはこれ程までに優位な条件はない。

なぜならば、ワーキングホリデーは一生に一回。
資金がなくてもどんな仕事でも能力さえあれば出来る。

働く事が1年間許された期間に学校に行っていてはビザが勿体無い。

ビジター又はスタディビザでカナダで英語の勉強をしてカナダの生活に慣れたところで、国内でビザの変更をすれば長くカナダに居る事が出来、また就職のチャンスを手に入れる確率も高くなる。

失業率8%と日本よりも高いカナダの現状に於いて、生活するには厳しいものがあるが、要は実力と努力さえあれば目標到達へ近付く事が出来るのではないかと。

このワーキングホリデー募集要項の内容から、今までもやもやしていた頭の中がすっきりした気がした。

私はビジター(観光ビザ)でカナダに行く事にします。

カナダでは6ヶ月未満であれば就学する事も可能。

当初は1年間きっちり勉学に励もうと思ったが、カナダの何も知らないのに不安な賭けをしないでおこうと思ったのだ。

就学ビザも決めた学校の許可証がなければ得る事も出来ない。

学校の雰囲気も何も知らないのに決めてはいけない。
大学もうっすら視野に入れているならば、しっかり自分の目で確かめたい。

まずは語学学校だが、ゆくゆくはスキルな学校も考えている。

ゆっくりは出来ないが『百聞は一見にしかず』がポリシーな自分には納得のいく決断だと思う。

決断?

けつだん・・・

ケツ弾。

KE・TSU・DAN!!

後に戻る気はないのだが、やはり不安は付き物である。

決断するにはやはりまだ早い?

今まで全てを養ってきた大地や環境を離れて一人で生きていく覚悟は出来ている。

それは自分が納得出来る生き方を選んだからだ。

未だ『本当に遣りたい事』は見つかっていないが、死に物狂いで生きていかなければならない。

赤子同然なのだから。

覚悟はあるのだが、決断はどうだろうか?

決断 : 意志をはっきりと決定すること

覚悟 : 危険、不利、困難を予想して、それを受けとめる心構えをすること

言葉の使い方は間違ってない様に思うのだが、果たして頭ごなしに決めてしまって良いのだろうか。
もっと柔軟な発想が必要ではないのだろうか。

例えば現地に着いたら、良い人と巡り合って結婚しちゃった。

とか。

例えばたまたま始めた仕事が実は天職で思っていた目標とは違った。

とか。

はたまたカナダは肌に合わなくて地中海に飛んじゃった。

とか。

どうなるかはわからない。

内心年齢や経済力の観点から物凄い焦ってるのだが、去年発たなくて良かったなって思ってます。

ワーホリビザも取得していたし、学校も決まっていた。

それはそれで何か良い方向に向かっていたのかも知れないが、この一年間充電した甲斐あって、重大な事柄にも参列出来たし、貯金も一年分増えた。
新しい出会いも沢山あり、嬉しい出来事にも参列出来る。

よく『タイミング』が大切だと言うけれど、タイミングって結局後で自分がどう思うか、後悔したか、してないかだけだと思う。

タイミングを読む事が出来るのならば、「失敗」という言葉などないのではないだろうか。

どんな不運な事にも意味があって、考えようには幸運な事なのかもしれない。
それだけの精神力と時間は要するかも知れないが。

話しは少し脱線したが、

善くも悪くもこの一年は覚悟を持って留まる事の決断が次に繋がると思われる。

貴重な20代の一年を払ったリスクはこれから先、後悔する時が来るかもしれない。

2008年にカナダで大きな発展があったかも知れない。

でもそれは誰にも分からない事。

常に志し高く、我武者羅に努力さえしていれば人は認めてくれる。




ただ・・・・・





私のメンターはバンクーバーに居る。

モントリオールに行きたい私はどうしたら良いのだろうか
[PR]
by unntama01 | 2008-10-06 01:47 | 日記